注文住宅ってどんな住宅?

注文住宅とは、住宅を建てる際に仕様・間取り・外観などを自分で決めて建築する住宅のことを言います。さらに注文住宅は、住宅のこと全てを自分で決めるフルオーダータイプと、住宅を建てる際に一部分だけ自分で決めるセミオーダータイプの2つの種類があります。

注文住宅と健売住宅の違いについて

自由度が違う!

注文住宅は自由度が高く、住宅の細かなことを全部自分で決めることができます。建売住宅の場合は、土地とセットで完成された住宅を購入するので自由度が低くなってしまいます。

手間が異なる!

注文住宅は細かなことまで自分で決めることができますが、これは手間になります。建売住宅の場合は、これらの手間を販売業者が代わりに決めてくれるので、手間がかかりません。

専門業者に依頼しよう

注文住宅・建売住宅どちらでも、専門業者に依頼した方が良いです。専門にしているからこそ関連することに精通していて購入者のメリットが多くなります。メリットは、トラブルが少ない・迅速に建てることができる・コストパフォーマンスが良くなるなどがあります。

業者選びで注意するポイント

インテリア

見積もりが安すぎないか

安すぎる場合には注意が必要です。住宅を建てる際にはある程度相場が決まっていて、そこから明らかに乖離している場合は、手抜き工事住宅の場合もあり得ます。複数の業者に見積もりを出してもらうことで、料金の適正さが分かります。出してもらった見積もりを他社でチェックしてもらうと良いかもしれません。

対応が適当じゃないか

住宅を建てる場合は、数ミリずれただけでも大変な事態になることがあります。購入前に営業が適当な対応をしていた場合は、住宅建築工事も適当に行われてしまうかもしれません。この場合も複数の業者に見積もりなどを出して貰い業者の対応を見比べることで、適当かどうかが分かります。

実績があるか

住宅を建てる際には高い建築技術・知識が必要になります。必要な技術・知識がなく建てた場合は後から業者とトラブルになることもあります。実績がなくても良い住宅を建てる業者はいますが、実績がないので良い住宅を建てられるかは未知数です。営業・職人などの経験を確認してみた方が良いかもしれません。

マイホームは細かいことも決めることができる注文住宅で決まり!

家族

注文住宅の最大の魅力は自分の思い通りの住宅を建てられるという点です。さいたま市の注文住宅は特に魅力的になります。さいたま市は、住みやすさに優れている反面、東京23区と比べて地価が安いです。東京23区まで電車や車を利用すれば短時間で行くことができます。注文住宅は費用が多く必要となる傾向があります。費用が多く必要になれば細かなことまで思い通りにしにくくなってしまいます。さいたま市の注文住宅の魅力は、住むのに最適な市に、自分の思いを細かく反映させた理想の家を建てることができるということです。

福岡にある注文住宅施工業者を紹介